中高年の再就職画像

既婚女性の再就職の悩みとは

出産の予定は?

女性の再就職3

結婚しているけど子供がいない既婚女性が質問されることの代表が「出産の予定は?」です。

もちろん「出産の予定はありません。」と答える人が多いのですが、それはその時点での話しであり子供をいつ授かるか誰も分かりません。

計画的に子作りをもう少し先に決めているならばいいのでしょうが、そうでない人も結構いるようです。

それだけに企業側も採用してすぐに出産を理由に退職されることを心配します。

これはやはり働きたいと思って採用面接を受けているのですから、ある程度仕事が軌道にのるまでは仕事に専念できるように計画を立てたほうがよいかと思います。

そして採用面接の際には「出産の予定はない」ことをはっきりと面接官に伝えるべきです。

もちろん採用担当者もそのまま鵜呑みにはしないかもしれませんが、少なからずとも本人の意思表示がないと不安に思ってしまうでしょう。


子供が病気の時はどうしますか?

女性の再就職2

既婚で子供がいる場合の再就職では、企業側が知りたいことは何でしょうか?

それは子供が急病の時にどのような対策が取れるのかが企業側が知りたいところなのですが。

例えば祖父母と同居もしくは近隣に祖父母・兄弟が住んでいるなどであれば、子供が急病の時でも看病をお願いできるので企業側も安心して採用できます。

「保育園に預けるので大丈夫です」と答える方もおられますが、子供の健康状態が悪くて保育園から連絡が入って引き取りに行かなければならないことも予測されます。

なので保育園よりも身近な親類の方が企業側の心配度は少ないのです。

子供がいる場合の再就職は、万が一の場合の子供の預け先を提示することで採用担当者の懸念も少なくなります。


融通を利かせた働き方を考える

このように既婚女性が再就職をする場合は、少し先の将来が予測できないことが多いのです。

それだけに正社員として雇用することを心配する企業が多いのですね。

それならば正社員という働き方にこだわらずに短時間で働ける「パート・アルバイト」や短期間の契約で働ける「派遣社員」という働き方を選択することも視野に入れてみては如何でしょうか。

確かに正社員と比較すると給料や待遇で不利な面はあるかと思いますが、予測しづらいあなたの将来像に対応する働き方を手に入れることも大きなメリットだと思います。

それだけに「派遣」「パート・アルバイト」と聞いただけで嫌がる人もいますが、それぞれの働き方にはデメリットだけでなく【メリット】があります。

派遣やパート・アルバイトは未経験でも働ける可能性が正社員よりも高く、将来的に正社員として働くためのキャリアを積むことができたりします。

給料や待遇面でのデメリットばかりに目を向けていると、自分にとって必要なメリットを見逃してしまうかもしれません。

その時々で自分の環境に合わせた働き方をしてみることが、結果として幸せな生活を送ることができるようになる方法といえます。

一度違った視点から働き方を考えてみてはどうですか?

【仕事についてのNEWS】


YAHOOGOOGLE再就職支援サイト!主婦・中高年・子育てママ・定年後の働き方 TOPへプライバシーポリシーdesign by. (C) WebDaisuki.com
Copyright (C) 既婚女性の再就職 All Rights Reserved.