再就職支援の画像

定年後のライフスタイルと年金受給について

定年後の再就職

定年後の再就職については、事前準備をする期間を設ける人が多いようです。

再就職1

事前準備にしておくことは、ライフプランの設計です。

定年後のライフプランをどのように設計するかで、働き方も変わってきます。

余暇の時間を充実させるのであれば、正社員として働くよりもパート・アルバイトという時間調整のしやすい働き方を選択する方法もあります。

職種としては「警備員」や「シルバーサービス」などが最近では多いようです。

もちろんその分給与自体は安くなりますが、余暇を楽しむ時間は確保できるため金銭的に余裕のある人が選択する定年後のライフスタイルとして人気です。

定年後も収入を極力減らしたく無い場合は、定年時に勤めていた会社に継続雇用や関連企業への再雇用などの方法があります。

また、定年を機に自分のしたい事業で起業される方も多いようです。

この場合は、「事業プランの策定」「資金計画」「場所」「備品」など必要な準備事項が多くありますので、定年前の数年を費やして準備に取り組む必要があります。

定年後のライフスタイルを計画する際に大切になってくるのは年金受給。

最近の年金問題で心配な要素もあるのですが、定年後の大切な収入源として期待している人も多いはずです。

しかし、定年後の再就職を果たした場合に気を付けなければならない注意点があります。

それが「在職老齢年金」という制度です。

それでは「在職老齢年金」とはどのような仕組みなのでしょうか説明しましょう。


年金受給と定年再就職

再就職2

定年後に年金受給を受けながら働く場合に注意しなければならないのが「在職老齢年金」という制度です。

老齢年金を受けている人が再就職をして厚生年金保険に加入する場合に該当します。

給料と賞与によって決められる総報酬月額相当額と1ヵ月当たりの年金額との合計収入に応じて、年金額の一部または全部が支給停止となる場合があります。

具体的には総報酬月額相当額(過去1年間の賞与÷12+給与)と1ヶ月あたりの年金額の合計が28万円(60〜65歳までの場合)を超える場合が対象となり、合計金額に応じて「年金支給停止額」が変わります。

簡単にいえば合計額28万円を超えた分の半額が、年金より減額されることになります。

例として分かりやすく説明すると、

・総報酬月額相当額:30万
・1ヶ月あたりの年金額:3万円

の場合は、合計金額が33万円となるので、28万円からの超過分5万円の半額である2万5千円が1ヶ月あたりの年金支給額3万円から減額されます。

つまり支給される年金額は5千円になるということです。

再就職先で払った厚生年金保険料は、退職後の年金額に反映されるからご安心を。


【ライフプラン】


YAHOOGOOGLE再就職支援サイト!主婦・中高年・子育てママ・定年後の働き方 TOPへプライバシーポリシーdesign by. (C) WebDaisuki.com
Copyright (C) 定年後に再就職の注意点 All Rights Reserved.