再就職支援の画像

再就職支援のサポートはどこから受ける?

再就職支援はハローワーク(職安)で!?

再就職支援で真っ先に思い浮かぶのはハローワーク(職安)ですよね。

再就職支援1

ハローワークは正式名称を公共職業安定所という厚生労働省の地方支分部局の一つです。

職業安定法に基づいて道府県労働局長の指揮監督のもとで、「職業紹介」「職業指導」「失業給付」などの事務を無料で行う国の行政機関です。

【職安】【職業安定所】【ハローワーク】とも呼ばれます。

再就職を実現するためのスキルアップや失業中の金銭的支援なども行っています。

職安の再就職支援の評判は、「手軽に利用できる」「公共機関だから信頼できる」など良い評判から、「お役所仕事」「求人企業にバラつきがある」など良くない評判まで様々です。

ハローワークは地方にも所在していますので、地元企業からの求人情報なども揃っているところが魅力です。

また、求人情報も簡単にチェックできるので、気軽に利用できるのが魅力です。

ハローワークなどの公共機関とは別に民間企業が行っている再就職支援の人材紹介もあります。

民間企業の再就職支援は職安とは違った支援方法で再就職をバックアップしてくれます。 人材紹介を行っている転職エージェントともよばれる再就職支援企業にはどのような会社があるのでしょうか。

次項で人材紹介を行う大手転職エージェントを紹介してみたいと思います。


再就職支援で利用したい民間人材紹介会社

再就職支援2

再就職支援を行う民間人材紹介会社としては、

などがあります。

いづれも聞いたことのある大手民間人材紹介サービスを提供する企業です。

再就職をしたい人は人材紹介を受けるために登録をします。

もちろん登録は無料でできます。

その後人材紹介企業の担当者との面談を行い、自分の職歴や希望を提示したうえで求人募集のある企業へ紹介がなされます。

求人企業と応募者とのマッチングが人材紹介会社のノウハウであり、各社ともに様々な業種・企業からの求人を受けています。

それだけに複数の人材紹介会社に登録しておくことで、再就職支援サービスを比較することができます。

各社の評判はネットで調べることもできますが、担当者の対応力によるとこもあり、できれば複数に登録して自分で確かめる方が確実です。

再就職支援については民間企業では応募者のスキルや経歴によって企業への推薦が見送られるケースもありますが、ハローワークでは取りあえずの応募だけはできます。

公共と民間の再就職支援の違いをよく理解して、バランスよく再就職活動をすることが成功へのポイントとなります。


【日本の経済動向】


YAHOOGOOGLE再就職支援サイト!主婦・中高年・子育てママ・定年後の働き方 TOPへプライバシーポリシーdesign by. (C) WebDaisuki.com
Copyright (C) 再就職支援:人材紹介会社の選び方 All Rights Reserved.