再就職支援の画像

子持ち・子育てママの再就職の現実って!?

再就職の現実

再就職支援1

女性のライフスタイルと仕事の関係は複雑です。

新卒で就職し、結婚or出産で退職。

このようなパターンで20代〜30代で経験した女性は多いでしょう。

結婚し専業主婦になったはいいが、金銭面の問題や社会とのつながりを求めて再就職を考える主婦もかなり多いのです。

しかし、主婦の再就職を考えるとは様々な問題で悩みことが増えます。

その中の最も大きな悩みは「子育て」「育児」という子持ちママであるが故の悩みです。

子育てママが再就職をしようとすると企業側からは、

・お子さんの年齢はおいくつですか?
・急病気の場合など会社は休みますか?
・子育てに関してご家族(親類)のバックアップはありますか?

などの質問を必ずと言ってよいほど問われます。

企業側としては突発的な休暇や早退・遅刻を心配しているのですね。

雇用側として「子育て」について確認しておきたいのは当然のことだと思います。

再就職支援2

それだけに子育てのバックアップ体制が整っていれば、子持ちママの再就職はしやすくなります。

逆に子育てに頼るところがなければ、前途多難な再就職活動が待っていることになります。

出産後の主婦が再就職するには、ある程度働く環境(子供の預け先)を整えておく必要があるでしょう。

それでは子持ちママの再就職後に待っている現実として良い点と悪い点を紹介しましょう。


再就職活動前にするべきこと

仕事がしたいと再就職を願う人の大半は30代・40代の再就職でしょう。

それに主婦の再就職となると、出産後育児が終わってからという人も多いかと思いますのでやはり中高年での再就職が大半になります。

中高年の再就職に必要なのは先ほども書きました通り、経験を伴わない資格よりも実務経験です。

先ずはあなたのこれまでの職務経歴を振り返り、自分の実務経験を再確認しましょう。

これからの再就職活動に活かせる実務経験があれば、それをさらにスキルアップするために必要な資格を取得するのはありだと思います。

また、実務経験のない業界・職種に再就職したい場合は、いきなり正社員を希望せずにパート・アルバイト・ボランティアなどで実務を経験することをお勧めします。

再就職支援3

例えば、正社員の求人募集では「経験者優遇」というのが大半です。

このような求人に未経験者が応募しても書類審査で落ちることが予測されます。

それよりも「未経験者歓迎」という条件の求人を探し、給与や労働条件が多少悪くても実務経験を積むために働いてみるというのも考え方の一つだと思います。

もちろんその企業が良ければそのまま就労を続けることができますし、やはり正社員になりたければその実務経験を活かして再就職活動することもできるようになります。

その間にその職務に活かせる資格も併せて取得しておくと、再就職活動はさらにしやすくなりますね。

このように30代後半や40代など中高年の再就職では、即戦力を求められますので「実務経験」は必須項目となることを認識して中長期的な再就職活動を計画しましょう。

30代スキンケアブルーベリーサプリファンケル サプリメントハニーラボ


【子育て情報】


YAHOOGOOGLE再就職支援サイト!主婦・中高年・子育てママ・定年後の働き方 TOPへプライバシーポリシーdesign by. (C) WebDaisuki.com
Copyright (C) 子持ち・子育てママ 再就職の現実 All Rights Reserved.