再就職支援の画像

ベビーシッターの求人はどこで募集している!?

ベビーシッター求人について

再就職1

ベビーシッターの求人募集先となる職場としては、

  • ・託児ルーム
  • ・個人宅
  • ・保育所
  • ・学童保育所
  • ・駅型保育所
  • ・院内保育所
  • ・企業内保育所
  • ・保育ママ
  • ・ファミリーサポートセンター

など多種多様な職場でベビーシッターの仕事が求人されています。


例えば、託児ルームを設置してある場所もデパート・ホテル・スポーツクラブ・結婚式所などがあります。

保育ママとは地域によって違いますが、各自治体が定める基準に基づいて自宅で少人数の子どもを預かる仕組みです。

ファミリーサポートセンターは、各自治体が運営しているセンターでベビーシッターの仕事情報が提供されます。

核家族化や出産後の主婦の再就職により育児をベビーシッターに任せる家庭が増えてきている社会情勢を考えると、ベビーシッターの求人ニーズは増加傾向にあると思われます。

社会に求められている仕事としてベビーシッターは注目を集めており、子育てを経験した主婦や子供が好きな女性にとってやりがいのある仕事として人気です。


ベビーシッター求人募集の探し方について

再就職2

ベビーシッター求人募集の探し方について先ず質問が多いのが、ベビーシッターの資格についてです。

ベビーシッターは国家資格である保育士と違い、絶対に必要な資格というのはありません。

民間資格として、社団法人全国ベビーシッター協会(ABA)が主催の「ベビーシッター資格認定試験」やニチイ学館のベビーシッター講座があります。

現在ベビーシッターとして働いている方には資格を持たずに仕事に就かれている方も多いようです。

しかし、ベビーシッターを依頼する際の親御さんの気持ちとして「ベビーシッター資格を持っている人の方が安心して預けられる」ということも理解できます。

もちろん資格の有無でサービス内容が変わることはありませんが、目に見える安心感が資格にはあります。

それだけに採用側もベビーシッター資格保有者を優遇する傾向にあり、比較的有利に就職活動を進めることができるでしょう。

また資格が無くてもベビーシッターのバイトや派遣などで経験を積み、キャリア作りを行ったうえで本格的に求人募集に申し込む人もたくさんいます。

ベビーシッターの求人募集に応募する前に現在の自分の知識や経験を確認したうえで、就活を進めていきましょう。

また、英語などの語学力があれば、外国人向けのベビーシッターという需要に対応できる仕事が可能となります。

ベビーシッターの求人は、新聞広告・インターネット求人サイト・公的機関などで求人募集されています。

求人内容とご自身のベビーシッターとしての知識・経験を照らし合わせてみることが、最適な仕事先を見つけるコツです。


【子育て経験を利用する】

ケール婚活 外国人婚活無料コンドロイチン乾燥肌メンズコスメ


YAHOOGOOGLE再就職支援サイト!主婦・中高年・子育てママ・定年後の働き方 TOPへプライバシーポリシーdesign by. (C) WebDaisuki.com
Copyright (C) ベビーシッター求人募集の探し方 All Rights Reserved.